第一歩を蔑ろに、夢を努力へ

例えば、地球を初めて見るエイリアンに「発明家」のことを説明するなら、どうする?「パスタ」の成り立ちとか、いやいや、まず地球や世界についての説明からするのかな。
ページの先頭へ
トップページ >

気分良く自転車をこぐ子供と公園の噴水

チカコが、マンションのベランダにて、ミニトマトを作っている。
実ったら野菜サラダを作る予定だという。
実際、しょっちゅう水分を与えないし、すぐそばでタバコをふかすので、ミニトマトの生活環境は全然良い環境ではない。
1日、何もあげなかったという時期の、その姿は、緑色の葉が垂れ下がっていて、人間がしゅんとしている様子に見える。
気の毒だったので、水と肥料をたっぷりあたえると、あくる日の早朝のミニトマトは元気に復活していた。

どんよりした土曜の夜明けはひっそりと
また、明日香と麻衣子とツアーに行きました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた学生時代の仲間で、一緒に頑張った仲です。
しかも、勉強していたのが国際観光と英検だったので、旅が趣味だという生徒たちであふれていました。
とくに、この2人を含む、仲のいい6人で色々なところへ宿泊した思い出は大切です。
私は今までそれ程友人が多くないし、しかも十分だと感じています。
という事で、単純に嬉しい言葉だけど、横で麻衣子が満足しているような顔をしていたのもポイントでした。

前のめりで泳ぐ彼女と紅葉の山

私は、中学から高校まで心から勉強をしていなかった。
周りが必死で勉強していても、私は言われた通りの内容をひたすら行うといった感じだったと思う。
なぜか、短大に入ってから自分の興味のある分野の勉強に変わると、内容がスムーズに頭に入るようになった。
そして、就職をして、見習いを過ぎて本当の業務になると、どうしても好き嫌い関係なく、勉強せざるを得なくなった。
めんどくさいなんて思う間もなく、何よりも頭を使う数年が続いた。
勉強続きのライフスタイルをしばらくすると、次は学校時代に怠った学習を見直したいと考えるようになった。
今では、同じように言っている人が当時のクラスメイトにたくさんいる。

風の強い木曜の午前は読書を
「とにかくこうで当たり前だ!」と、自分の価値観だけで他人を見極めるのは悪ではない。
と言いたいけれど、世の中には、個性と言われるものが人の周辺に浮いている。
この事を考慮すれば、自信を持つのは悪くないけれど、あまり否定するのはどうなんだろう?と思う。
これも個人の考えでしかないけれど。
つらい世の中になってもおかしくないかもしれない。

陽気に跳ねる兄弟と季節はずれの雪

知人が昨日明け方から釣りに行ったらしいが、あまりあげれなかったらしい。
小魚がうじゃうじゃで、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
だけど大物のの50cm近くがあげれたらしいから、うらやましい。
どんだけ前かわけてもらって自分でさばいて口にしたが非常に好みだった。
おいしくて大物がいると話を聞いたら興奮して早く行きたくなるが、もう少し我慢して今度だ。

雲が多い木曜の昼に冷酒を
明日香は、短大に入ってすぐ心を開いた仲間だ。
彼女の素敵なところは、たいていの事は見逃すし、小さなことは、気にもしていないところ。
私の方から、今日から友達になろうと言ったそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
一緒に出掛けると、すべてシンプルになるので、とても安心する。
シャープで華奢なのに、夜、おなかがすいてハンバーグを注文しに車を走らせたりするらしい。

蒸し暑い仏滅の朝にひっそりと

とある大事な業務が舞い込んできたとき「どうにかなる」と考えていた社会人になりたての自分。
その時、私たち新入社員みんなが「過ぎちゃえばなんてことないよ」など不真面目に取り組んでいた。
このタイミングで指導専門の女性上司が、注意した内容が記憶に残っている。
「目的のために頑張って時間をかけたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
それ故に、今のあなたたちのように甘くとらえていて、運よく内容が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば単純だったといった本当の意味は、それとは逆です。
事前にじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が有り余って、業務が円滑に進んだと言う事実を表しています。
がっつり本気になりましたか?
甘く見ないで頑張ってください。」
という事だった。
それから、新入社員一同必死に取り組みしっかり収めきることができた。

天気の良い休日の晩はカクテルを
ネットでニュースを毎日見るけれど、紙の媒体を読むことも好きだった。
現在は、0円で見れるネットニュースが多くあるから、新聞はもったいなくて買わなくなった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの量の内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的な情報から関連した深いところまで見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカのデフォルトになるという話が気になる。
デフォルトになるわけないと思うけれど、もしなったら、日本ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

そよ風の吹く木曜の夜に歩いてみる

新人の頃、よく理解していなかったので、大変なごたごたを誘発してしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の方法も浮かんでくることがなく、泣いてしまった。
同じく新人らしきお客さんが、タリーズのラテを差し入れと言いながらくれた。
勘違いで2個オーダーしちゃったんだ、と言いながら違う種類のドリンク2つ。
長身で、ひょろっとしていて、すっごく感じのいい雰囲気をもっていた女性。
ありがたかったな、と思い返す。

陽の見えない火曜の夕暮れはお菓子作り
私は、家で個人的に行えるような働き方をして、稀に誘いがかかると外に仕事に参加する。
たった、ひと月に何回が、めちゃくちゃ怠く思えて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうなど。
行けば張り切るけど、大勢のメンバーに囲まれて、団体で仕事をするのは難しい。
と、友達に持ちかけると、言いたいことは分からなくない、とクスクス笑っていた。

サイトカテゴリ

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 第一歩を蔑ろに、夢を努力へ All rights reserved.